健康・美容の強い味方!亜麻仁油の賢い選び方をレクチャー

亜麻仁油の効果効能

亜麻仁油(アマニ油)を摂取することで得られる効果・効能について、詳しく説明しています。肌荒れの改善・アレルギー症状の緩和・生活習慣病予防・ダイエット・うつや認知症への効果など、幅広い働きに注目です!

健康・美容づくりに欠かせない亜麻仁油の効果・効能

健康・美容効果が高いことから注目を集めている亜麻仁油(アマニ油)。亜麻仁油を摂取することで期待できる効果は、以下の通りです。

肌荒れ改善・美肌効果

亜麻仁油の健康・美容効果をリサーチ亜麻仁油(アマニ油)に含まれるα-リノレン酸(オメガ3脂肪酸)は、人体に必要な必須不飽和脂肪酸の1つ。これが不足すると、まず現れるのは「肌荒れ」の症状です。

オメガ3脂肪酸は、肌の水分保持に役立つ角質層のセラミドの材料。不足するとセラミドが生成できなくなり、肌のバリア機能が低下してしまうのです。

α-リノレン酸が十分に摂取できるとセラミドがたくさん分泌されて角質層が丈夫になり、美しく健やかな肌をキープできます。皮膚の一種である、爪や髪の毛が健康になるという効果も期待できます。

アトピー・花粉症などアレルギーの改善

亜麻仁油(アマニ油)は、皮膚炎などの炎症抑制効果があると言われています。なかでも、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状のコントロールに効果を発揮するようです。

その理由は、亜麻仁油に含まれるα-リノレン酸にあり。α-リノレン酸は体内で炎症を抑えるプロスタグランジンというホルモンに変換されるため、アレルギーの症状抑制に役立ちます。アメリカの専門病院では、アレルギー対策として亜麻仁油が頻繁に使われているほどです。

肥満・高血圧などの生活習慣病予防

α-リノレン酸などのオメガ3脂肪酸には、血液中の善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やす効果があります。善玉コレステロールは細胞内に蓄積されたコレステロールを回収・肝臓へ運んで排出する働きがあるため、血中のコレステロール値が低下。動脈硬化・高血圧の防止に役立つのです。

また、α-リノレン酸が体内で変換されたDHA・EPAには、血液をサラサラにして血行をよくする効果もアリ。血管内での血小板凝固を抑え、心筋梗塞や脳梗塞などの病気を予防する効果も期待できます。ちなみに、亜麻仁油は油でありながらコレステロールの含有量は0gです。

脳機能の活性化(うつ・認知症の改善)

α-リノレン酸は、摂取すると体内でDHA・EPAに変換されます。これらの成分は脳や神経の働きと深いつながりがあり、不足することで記憶力の低下・認知症・うつ病などの症状が現れるとされています。亜麻仁油から作られるDHAは、認知症を防ぐ手段として欧米で医薬品認可されているほどです。

DHAは脳の神経細胞膜に存在している成分ですが、これが多ければ多いほど神経伝達物質の生産量は増加。脳の情報伝達能力が活性化し、老化現象を抑えることができるのです。脳の神経細胞は加齢と共に減少し、再生されることはないため、意識的にDHAを摂取することが重要です。

ダイエット効果

油=ダイエットの敵というイメージがありますが、α-リノレン酸をはじめとするオメガ3脂肪酸はダイエットの強い味方。体内に油が蓄積するのを防ぎ、中性脂肪を減らす働きがあるため、ダイエットに有効だとされているのです。

また、亜麻仁油(アマニ油)を食事にプラスすると食欲がほどよく抑制され、少量でも満足できるのが◎。さらに、女性ホルモン等のバランスをコントロールしてくれるため、イライラによる暴飲暴食を予防する効果も期待できます。